ベルタプエラリアを飲むと腹痛になる?

ベルタプエラリアを飲むと腹痛になる?

ベルタプエラリアを飲むと腹痛になる?

 

 

バストアップサプリとして人気のベルタプエラリアですが、一方で副作用があることも報告されています。

 

 

症状としては、頭痛、腹痛、生理不順、ニキビ、肌荒れ、などがあげられます。

 

 

これらは全て、女性ホルモンが大きく関係しています。

 

 

副作用の原因としては、過剰摂取や飲むタイミング、年齢などが考えられます。

 

 

ベルタプエラリアは1日の摂取が、3粒と決められています。

 

 

これ以上に摂取すると過剰摂取となり、腹痛などの副作用が起きる原因にもなりますので、飲み過ぎには充分気を付けなくてはいけませんね。

 

 

また飲む年齢によっても副作用は起こりますので、10代の女性の場合は飲まない方がいいのです。

 

 

成長期に摂取すると、逆に女性ホルモンの分泌を抑制してしまい、成長の妨げになる可能性が高くなり、ホルモンバランスを崩して体調不良になることもあります。

 

 

妊娠中や授乳時期、そして生理中のときも、腹痛などの副作用が出やすい時期なので、摂取は控えるようにしましょう。

 

 

ただし副作用には個人差が大きいので、必ずしもみんなに腹痛などが表れるわけではありません。

 

 

副作用が出てない場合でも、体調が悪い日や気になる場合には、飲む量を減らしたりして様子を見るのがいいでしょう。

 

 

 

ベルタプエラリアオフィシャルサイト
ベルタプエラリアオフィシャルショップ